前歯だけの早くて格安の矯正治療・東京

部分矯正例:叢生、引っ込んだ歯、すきっ歯


症例


こんな人におすすめ


すきっ歯の治療

すきっ歯

俗にいう「すきっ歯」といわれる歯です。
写真の方の場合はすきっ歯の中でも前歯と前歯の間に隙間がある「正中離開(せいちゅうりかい)」といわれています。
ほんの1mmほどの歯並びのズレであっても、中にはサ行の発音が出しづらい方もいて、ご本人がとても気にされることが多い歯列不正です。

このような場合の矯正は簡単な場合が多く、部分矯正で治療できるほぼ全ての方が「プチ矯正プラン」で期間は6ヶ月以内で終わります。
但し、一見簡単そうに見えても部分矯正で治療できない人もまれにいます。上の歯の歯列を直したことによって下顎の歯の方が前に出てしまう(反対咬合)場合や矯正だけでは隙間を埋めれないほど大きく隙間が開いている場合は矯正ではなくかぶせものなどで対応したほうがいいこともあります。



ガタガタの歯並び(叢生)

ガタガタの歯並び(叢生)

歯列不正の大きな原因の1つとして、顎の大きさが足りないことがあります。顎のスペースが足りないと、まるで椅子取りゲームで負けて追い出されるように、後から生えてきた歯がとなりの歯と重なってしまいます。これを叢生(そうせい)や乱杭歯(らんぐいば)といいます。
写真の歯は向かって右の歯(大きな前歯の右となりの歯)が奥にひっこんでいることで、前歯や犬歯が目立っています。

写真の方の場合は叢生の中でもあまり重度ではないので、プチ矯正プランで治療期間はちょうど6ヶ月と1週くらいでした。また、叢生で歯のスペースがどうしても足りない場合は抜歯をしてスペースを確保することもありますが、この方の場合は歯1本1本の幅を健康に影響がない程度に削り、抜歯しないで足りないスペースを確保する事ができました。
犬歯が大きく外に向かって出ている叢生の方もいらっしゃいます。前歯だけの部分矯正では犬歯を大きく動かすことはできないので、このような方は通常の矯正でしか治せません。



写真de相談はこちらから!




ページのトップへ戻る

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional